Blog&column
ブログ・コラム

不動産とは何を意味する言葉?

query_builder 2021/06/01
コラム
1

「そもそも不動産とは、何を意味する言葉なのだろう」と考えている方はいらっしゃいませんか。
よく聞く言葉ではあるものの、くわしい意味は分からないものですよね。
そこで、不動産とは何なのかを簡単に紹介します。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

不動産とは
民法で定められている「不動産」とは、土地および土地に定着しているものを意味しています。
土地以外には、以下のようなものが不動産にあたります。

・建物
・立ち木
・橋
・石垣など

さらに、庭木や庭石などの取り除けないものは「土地の附合物」としてみなされ、1つの不動産として扱われます。
ただし登記された樹木は、土地とは別の不動産とみなされます。

■動産とは
不動産以外の動かせる財産は、「動産」と呼ばれます。

・現金
・宝石
・時計
・家具
・電化製品など

不動産の売買には専門知識が必要
不動産は動産よりも価値が高いため、取引を行う場合には、民法や宅建業法などの専門知識が必要です。
もし不動産の売買を考えているのなら、まずは不動産会社など専門家への相談をおすすめします。

▼まとめ
不動産とは土地や建物だけではない」ということを知らない人も少なくありません。
もしご自身が所有している不動産の売却を考えているなら、まずは不動産の専門家に確認してくださいね。
「売却価格を知りたい」など、不動産売却についてのご相談は、総合不動産会社「株式会社友永堂」にお任せください。
住居以外の不動産についても多数の実績を持つ弊社では、適切な価格の提案をしております。

NEW

  • 所有している駐車場のブロックが壊された時は!?

    query_builder 2021/06/04
  • 不動産の売却価格の決め方についてご紹介

    query_builder 2022/08/05
  • 不動産の相場を調べる方法についてご紹介

    query_builder 2022/07/03
  • 不動産の取引で必要な売買契約書のチェックポイントについてご紹介

    query_builder 2022/06/01
  • 不動産売却をキャンセルする場合について解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE