Blog&column
ブログ・コラム

土地売却をした時の所得税は?

query_builder 2021/08/01
コラム
17
土地売却をすると、まとまったお金が手に入りますが、気になるのが税金ですよね。
そこで今回は、土地売却をした時の所得税についてご説明します。

土地売却に伴う所得税の計算
土地売却をした場合は、所得税の計算方法があります。
■譲渡所得と納税
土地売却をした場合に手に入るお金を譲渡所得といいます。
確定申告をした上で納税しなければなりません。
また、土地売却をして譲渡所得を得た年は、例年と比べて所得税だけでなく、住民税も変わる点に注意が必要です。
所得税と住民税のどちらにも影響してきますので、納税額は確実に増えると覚悟しておいた方がよいでしょう。

土地売却では経費が大事
土地売却にあたって、納税額がいくらになるのかは、誰しも気になるのではないでしょうか。
土地売却をすればお金が手に入りますが、そもそも土地を手に入れる際、費用が発生しているはずです。
また、土地売却する時にも費用が発生しますので、これらを譲渡所得から差し引きます。
そうすれば、実際に手にしたお金よりも少なくなりますので、課税対象額も下がり、これに伴って納税額も少なくなるというわけです。

■具体的な計算式は?
実際に土地売却をする前に、とりあえずざっくりと計算しておきましょう。
土地売却をした際の所得税は、[譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除×税率=納税額]となります。
確定申告にあたって費用を計上するには、土地の取得と譲渡にかかった費用の領収書が必要ですので、わからない時は不動産関連に詳しい会社に相談するのがおすすめです。

▼まとめ
土地売却でお金が手に入るのは嬉しいけれど、納税は避けられないため、対策が必要ですね。
少しでも納税額を少なくするためには、不動産関連に詳しい会社に相談するのが安心です。
弊社は豊富な不動産関連知識と経験を踏まえ、的確なご提案を行っております。
土地売却でお悩みの際は、弊社にお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 所有している駐車場のブロックが壊された時は!?

    query_builder 2021/06/04
  • 不動産の売却価格の決め方についてご紹介

    query_builder 2022/08/05
  • 不動産の相場を調べる方法についてご紹介

    query_builder 2022/07/03
  • 不動産の取引で必要な売買契約書のチェックポイントについてご紹介

    query_builder 2022/06/01
  • 不動産売却をキャンセルする場合について解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE