Blog&column
ブログ・コラム

不動産相続】売却までに必要な手続きとは?

query_builder 2021/11/08
コラム
30
土地や家などの不動産相続しても、場所などの都合から管理ができなかったり、十分に活用できなかったりすることもあると思います。
今回は、相続した不動産の売却に必要な手続きをご紹介します。

相続登記
話し合いで不動産を誰が相続するかを決めただけでは、不動産の売却はできません。
相続登記というものを行い、不動産の名義を亡くなった人から相続人に変える必要があります。

不動産仲介の会社を選ぶ
相続登記を行ったら、不動産売却の準備をします。
不動産の売買は書類や手続きが色々あり、すべての作業を自分でするのは難しいです。

ただし近所の人が購入を希望している場合は、仲介会社なしで取引できることもあります。
多くの場合は複数の会社に見積もりや相談をし、最終的に依頼する会社1社を決めることになるでしょう。

▼売る
購入希望者が現れて金額や引き渡しの時期などの条件に合意が出れば、売買契約を結ぶことになります。
不動産を売った後は、税金の申告を忘れないようにしましょう。

▼まとめ
今回は、相続した不動産を売るときに必要な手続きをご紹介しました。
相続登記をしなければ、そもそも売却ができない点には注意しましょう。

また弊社は大阪市で不動産売買や管理を行っております。
お客様との話し合いを密に行い、不安要素がない状態で不動産を売却できるようサポートいたします。
相続した不動産の売却を考えている人は、ぜひ弊社に一度ご相談ください。

NEW

  • 所有している駐車場のブロックが壊された時は!?

    query_builder 2021/06/04
  • 不動産の相場を調べる方法についてご紹介

    query_builder 2022/07/03
  • 不動産の取引で必要な売買契約書のチェックポイントについてご紹介

    query_builder 2022/06/01
  • 不動産売却をキャンセルする場合について解説

    query_builder 2022/05/15
  • 不動産売却における値引きについてご紹介

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE