Blog&column
ブログ・コラム

不動産売却にはどれくらい印紙代がかかるの?

query_builder 2021/12/01
コラム
33
不動産を売却をするときには、一体どれくらいの印紙代が必要となるのでしょうか。
詳しく解説していきます。

不動産売買契約書には印紙税がかかる
不動産を売却する際には、売主と買主の間で不動産売買契約書を交わさなければなりません。
この不動産売買契約書は建築請負契約書や領収書などと同様に、印紙税法に定められた課税文書に当たります。
課税文書の作成時には印紙税がかかるため、作成者は決められた位置に収入印紙を貼り、消印を押して納税することが必要です。

不動産売却にかかる印紙代
不動産売買契約書に貼付する収入印紙の金額は、契約金額によって異なるものです。

・契約金額が1万円未満…非課税
・1万円以上?10万円以下…200円
・?50万円以下…200円
・?100万円以下…500円
・?500万円以下…1,000円
・?1,000万円以下…5,000円
・?5,000万円以下…10,000円
・?1億円以下…30,000円
・?5億円以下…60,000円
・?10億円以下…160,000円
・?50億円以下…320,000円
・50億を超えるもの…480,000円

不動産売買契約書の作成時は、一般的に印紙代は売主と買主が折半して負担するとされています。
また作成した書類の分の印紙代が必要となりますが、控えとしてコピーしたものには費用はかかりません。

▼まとめ
不動産売却時には不動産売買契約書を交わす必要があり、その書類には印紙税がかかります。
印紙代は契約金額によって異なりますので、収入印紙を貼付する際はよく確認するようにしましょう。

NEW

  • 所有している駐車場のブロックが壊された時は!?

    query_builder 2021/06/04
  • 不動産の相場を調べる方法についてご紹介

    query_builder 2022/07/03
  • 不動産の取引で必要な売買契約書のチェックポイントについてご紹介

    query_builder 2022/06/01
  • 不動産売却をキャンセルする場合について解説

    query_builder 2022/05/15
  • 不動産売却における値引きについてご紹介

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE