Blog&column
ブログ・コラム

法人が不動産売却する際の税金の注意点

query_builder 2022/03/01
コラム
39
不動産を売却をすると税金が発生します。
しかし、個人の売却と法人の売却では税金の計算方法が異なるのです。
そこで今回は、法人が不動産売却する際の税金の注意点についてご紹介します。

▼法人と個人の税金は異なる
個人だと、不動産売却で得た税金は譲渡所得として計算します。
しかし、法人の場合はすべての利益と経費を合わせるのです。
そして、売却をすると法人税・法人住民税・法人事業税が発生します。
■法人税
資本金が1億円以下…課税所得が年800万円までなら15%(適用除外事業者は19%)、課税所得が年800万円以上なら23.2%
資本金が1億円以上…23.2%
■法人住民税
法人税割(課税標準額×住民税率)+均等割
■法人事業税
資本金と都道府県によって税率が異なる。

▼消費税が発生する場合も
法人が不動産売却をすると、消費税が発生するケースもあります。
土地だけの売却なら、権利の移転に該当するので消費税は発生しません。
ただ、建物の売却なら付加価値を生む取引に該当するため、消費税が発生します。
しかし、課税されるのは2期前の事業年度課税売上高が1,000万円を超える場合だけです。
1,000万円のうちの建物部分のみに課税されます。

▼まとめ
法人と個人の不動産売却における税金の取扱いは異なります。
ややこしく感じる場合は、不動産会社に聞きながら売却を進めるのがおすすめですよ。
当社は、不動産売却を得意としている会社です。
法人のお客様のご相談も承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 所有している駐車場のブロックが壊された時は!?

    query_builder 2021/06/04
  • 不動産の相場を調べる方法についてご紹介

    query_builder 2022/07/03
  • 不動産の取引で必要な売買契約書のチェックポイントについてご紹介

    query_builder 2022/06/01
  • 不動産売却をキャンセルする場合について解説

    query_builder 2022/05/15
  • 不動産売却における値引きについてご紹介

    query_builder 2022/05/01

CATEGORY

ARCHIVE